ゆっくり茶番劇商標登録問題を解説

おーい、

大変だ―

「ゆっくり茶番劇」が商標登録されてしまったんだー。

えええ、どういうこと?
ゆっくり茶番劇が使えなくなるの?

というわけで、不安を取り除くためにゆっくり茶番劇商標登録問題を解説していくぜ。

事の始まりは2022年5月15日、柚葉/Yuzuhaという動画投稿者のツイートが発端だ。これに添付されているYoutube動画によると、ゆっくり茶番劇の商標を使用して動画をうpするには、使用料を支払わなければいけないそうだ。

使用料?一体いくらなのかしら。

10万だ。

えっ

商標を使用するにあたって、年間十万円を支払う必要がある。
また、「ゆっくり茶番劇は柚葉企画の商標である」などと、柚葉企画が所有していることを書かないといけない。

でも、こういうのって東方Projectの規約に違反していたりしないの?

そうだな、だが、柚葉側は抵触していないと主張している。
この件を滝沢ガレソ氏が取り上げたツイートに対し、ゆっくり茶番劇とは、音声合成ソフトを用いて制作された動画のことであると主張している。

あれ?その定義だと、ゆっくり茶番劇だけじゃなくて、実況も解説も、何ならAquestalkを使っていないボイロ系動画も該当することにならない?

それは大丈夫だ。元々ゆっくり茶番劇を投稿していた人に関しては、先使用権によって保護され、ライセンスは不要であり、「ゆっくり解説」や「ゆっくり実況」に関しては効力が及ばないということを柚葉本人がツイートしているぜ。

ところで、商標には異議申し立て期間と言うものがあってだな、登録されてから2か月以内なら異議申し立てをすることができる。

それなら、それを使えばすぐ解決するじゃない、案外簡単な問題だったのね。

もう期限切れだ。

えっ

「ゆっくり茶番劇」の登録日は2月24日、登録公法発行日は3月4日、出願日は2021年の9月13日だ。これはJ-platpat商標速報botなどで知ることができる。しかし、今回の件が表沙汰になったのは2022年5月15日。期限となる5月4日を超えてしまい、異議申し立てをすることができない。

一応、この期間外でも出来ることはあるそうだが、それが出来ることは利害関係に当たる人のみ。つまり、神主や、大手投稿者などの協力が不可欠になる。

うーん、難しいわね...

そして、一応進展があった。
柚葉側がライセンス料を徴収しないことを表明した。

おお、これでひとまず解決かしら?

ただし、権利自体は柚葉企画の物として存属するそうだ。

ダメじゃん!それじゃ問題の本質から逃げてるだけじゃん!

そうだな、あくまで今回の問題の本筋は、今まで自由だった文化を、赤の他人である柚葉企画が、商標登録と言う形で独占しようとしていることが問題だ。これを外しちゃあいけないぜ。

 

APEXの次のランクマッチを考えてみる

APEXのシーズン13ランクマッチ、ポイント関連の大幅な改変が行われるそうです。

開発陣が匂わせた仕様がそのまま実装されるとして、どのようなムーヴが刺さるのか、考えてみましょう。

入場料の引き上げ

各ランク帯の入場料が上がるようです。円安の影響でしょうか(違う)。
達成難易度自体は変わらないように調整したとのことですが、今までのAPEX運営を見るに、恐らくちょいムズか極端に簡単になると推測されます。

また、一部のAPEXプレイヤーの噂で、シーズン13からダイヤ3↑がプレマスマッチに放り込まれるとのことですので、今までマスター目標だった人はダイヤを第一目標に設定したほうがいいかもしれません。

序盤のキルポイントの価値の低下、キルポ上限の撤廃

15位以下まではキルポの価値が1ポイント当たり1になります。

また、脱落した部隊がダウンさせた敵に確殺を入れてもキルポが入らなくなった(これはバグだったらしい。)為、漁夫の価値が極端に低下しました。

漁夫の価値が下がると、プレイヤーは防衛キャラで家を固めたり、スナイパーを持つようになる≒屋外近距離戦闘能力の低下につながる為、キルムーヴをするつもりでキャラ構成、武器構成を考えれば、漁夫のリスクが減る分気持ち良くファイトを仕掛けられる、ハイリスクハイリターンの戦法を採りやすくなるでしょう。ただ、野良でやるには厳しいかもしれません。

キルポ上限が無くなっても、まともにポイントが入るようになる10位以上になると敵が27人しかいませんから、多く盛りたいなら序盤から戦闘を仕掛ける必要があります。

降格保護の撤廃、最高ランクでの報酬

降格保護が撤廃されます。

ただ、昇格したときに100RPがおまけで貰えることを考えると、4回以上連続でマイナスを喰らわなければいいので、敗北即降格では無いようです。

APEXが今まで降格保護の廃止を渋っていた理由に、床付近のプレイヤーが降格を恐れてマッチに参加しなくなる≒マッチング速度が遅くなることを理由にしていました。最高ランクでの報酬はその為でしょうか。ただ、渋っていた理由が理由なだけに、スプリット2では降格保護が復活する可能性があります。

次のマップはストームポイント

シーズン13、スプリット1のマップはストームポイントが予告されています。

広い割にはすぐ漁夫が来ることで有名なマップですが、マップ外周の開けたエリアにはしっかりとした建物が多いため、防衛キャラ有利になりそう。

また、追加要素としてIMCの武器庫的なものが追加され、60秒間NPCと戦えば、より豪華で強力な装備が貰えるとのこと。さらに、戦っている間は完全に締まり切っており漁夫のリスクが無いこと、脱出時は射出される(ヴァルキリーのように飛ぶ?)為、終盤にここに籠られると非常に厳しい戦いを強いられることになります。

また、リークレベルの情報ですがスピットファイアが帰ってくるようです。
ケアパッケージから帰ってきた武器が最初の数週間人気するのはいつものことの為、新シーズンが始まってから数週間は武器メタが安定することは無いでしょう。パッチノートを見て、強いと思った武器は練習するのにとどめておき、その時その時のメタに合わせた武器やレジェンドをピックするのが吉です。

G640rを買った

普段使っているRazer Gigantus V2が擦り減ってきたため、新しいマウスパッドを購入しました。

その名はLogicool G640r
今用意できるお金で買ったものなので、安さ重視です。5月末にSkyPAD 3.0 XLが届くはずの為、繋ぎとして購入しました。

ある程度評判の良いマウスパッドらしいため、SkyPADが届くまでの2か月ほど使ってみて、それからレビューしたいと思います

73816の使用デバイス

本来ならGearticsか何かに載せるものだと思うのですが、アクセス数稼ぎとアソシエイトリンクのクリック数稼ぎのためにここに貼っていきます。ぜひ画像をクリックしてamazonにアクセスしてください。

マウス

現役:Razer Viper mini

 

Razer社から出ている軽量有線マウスです。
今のところ現役で、マウスを動かし始める初速、切り返しに必要な力が少なく、ストレスフリーでエイムすることができます。

APEX用のマウスで迷ったらこれかLogicool G pro X SUPERLIGHTを買えばまず間違いないと言われています。Gpro使ったことが無いのでGproについてはよくわからないので、比べるようなことはスルー。

マウスケーブルと机との摩擦は気にならないですね。よく机の角を通り越して滅茶苦茶使いづらい状況になるため、モニターアームについている、DisplayPortケーブルをまとめるところにひっかけてマウスバンジー代わりにしています。

現役:CoolerMaster MM711

 

現役その2

APEXで驚異の1000RPマイナスを喰らった時に、これはマウスを買えば治る!という根拠のない謎の責任転嫁の結果購入したマウス。選んだ理由は安くなっていたから。前から気になっていたマウスではあったので、通る道ではあったのかも。

碌に調べずに安くなっていたのを購入したため、RGBモデルです。光らないやつに比べて7グラム重くなった代わりに光るようになりました。

つかみやすい形状です。私にとって初めてのハニカム構造のマウスの為、良し悪しは今のところわかりませんが、しばらく使ってみようと思います。

 

マウスソール:EsportsTiger ICE viper mini用

 

Viper miniを買った時に一緒に購入したソールです。Arc1派とICE派で分かれているらしい。純正ソールでマウスコントロールをしたことが無いため、ノーコメント。

今まで使っていたマウスより滑りはよくなっているのですが、それがソールによるものか、Viper miniの軽さによるものなのかがわからない。

退役:Razer Basilisk X Hyperspeed

 

何か新しいワイヤレスマウスが欲しい!!となったときに購入したもの。Basilisk UltimateやViper Ultimateにしなかったのはお金が無かったから。

購入した当時は「やべぇ、めっちゃ軽い!」となったのですが、Viper miniを持ってみると、ガワだけでもViper miniより重いのにそこに電池を入れるので、相当重くなったと思います。イライラしたときに使い物にならなくなったため、あえなく退役。

退役:Razer Basilisk 

 

初めてのゲーミングマウス。すべてはここから始まった。

とはいっても当時はひたすらMinecraftをプレイしていましたから、ゲーミングマウスが必要かといわれるとそうでもない。それでも、FPSに入ってきたのはこのマウスの影響が大きいでしょう。
2年ほど使用し、クリックがチャタリングするようになったため友人に押し付け譲渡しました。側面のラバーグリップは結構使いやすく、Viper miniが滑るのが違和感があるほどです。ただ、ここに手垢が結構たまります。

マウスパッド

現役:Logicool G640r

 

SkyPAD3.0 XLをMakuakeで購入していたものの、5月末に届くとのこと。それまで擦り減ってきたマウスパッドを使うのも良くないのではと思い、新しく買ったのがこのマウスパッド。SkyPADまでの中継機の為、スピード系のG440tやArtisanの紫電改MIDなどを検討しましたが、前者はサイズが足りなさそう、後者は売り切れの為購入ができず、このマウスパッドになりました。
コントロール系ですが、滑りもなかなかいい感じ。
ただ、右下のロゴの部分だけ貼り付けたもののため、右下の移動可能域は小さめです。

退役:Razer Gigantus V2

Razer Basilisk X HyperSpeedと一緒に購入したマウスパッド。この記事を書いているときにSynapseでの較正設定をしていないことに気が付きました。机の表面より安定したパフォーマンスが期待できます。擦り減ってきたため退役。

キーボードも置けるラージマウスパッド。キーボードを外に追いやって振り向き1mAPEXもできます。

退役:Razer Firefly V2

 

机で直置きしてプレイしていた時に購入したマウス。エイムが倍くらい良くなりました。当然ですね。ただ、当時はAPEX感度がDPI1800の5.0だったため足りましたが、センシを下げるたびにはみ出そうになるのが耐えられず、退役。

ハイセンシ用ハードマウスパッドです。もしかしたら振り向き15cmほどのミドルセンシでも使えるかも。ライティング用のケーブルが伸びているところにあるマウスコードをひっかける場所はほとんど使いませんでした。

キーボード

現役:SteelSeries APEX 5

 

TKLタイプにすればよかった、proにすればよかったと何度も思ったキーボード。キーボードとしての性能は滅茶苦茶良い。proの機能である、押し込みの深さを設定できる機能を購入した後に知りました。

個人的な評価ポイントはアームレスト。蒸れないしイイ感じに手首を置ける。これが無いキーボードは違和感しかないレベルです。掃除も簡単で、キーキャップ全部外した後にネジを外し、スイッチ部分と回路部分を分けたら水洗いにする、1時間もあれば乾燥までできます。

モニター

LG UltraGear 27GP750-B

ようやく手に入れた240Hzモニター。

貯金をほとんど使ってまで27インチにしたのは、旧モニターが27インチだから。
使っているケーブルがおかしいのか、ゴーストが酷く出るため残像感はあります。
それでも60Hzの旧モニターよりかはマシ。

モニターアーム

1homefurnit モニターアーム

 

モニターを購入したときに余ったお金で購入したモニターアーム。選んだ理由は安いから。27インチ対応のデュアルモニターアームの中では最安値レベルの価格なのに説明書がイラスト付きの日本語説明書。最高だと思いました。

ヘッドセット

Razer Nari Ultimate

 

とても良いヘッドセットだと思います。
クッション性が高く、十時間くらいAPEXをしていても全く疲れません。蒸れも少ない。

振動機能は結構迫力があります。APEXには使いませんが、大作オフラインゲームをプレイするときは必須。FPSにも臨場感メインなゲームにも使えます。

問題点を言うとすれば、重いところでしょうか。イヤホンを使用している人にとってはかなり重いかもしれません。ただ、そのうち慣れます。

PC改造計画

今のスペック
CPU Intel core i7 8700k
GPU Geforce GTX 1070 ti
RAM TeamGroup 64GB(32*2)
ROM サムスンのM.2SSD 500GB HDD(多分WD)4TB

これ、私が組んだ時はハイスペックパソコンでした。
今も十分使えると言えばそれまでなのですが、グラボはRTXが主流になり(私が組んだ時はRTXという存在そのものがありませんでした)、色々なゲームがRTXの美麗グラフィックを宣伝してきました。

それで、私もRTXにしてやろうと思ったのが2,3年前くらい。
そこからコロナだのグラボ高騰だのビットコインだのが続き、なんだかんだで買えなかったうちに、巷ではRTX3090tiなるものが出るらしい(なんと30万円超!ひえぇ)。

それでもAPEXをはじめとしたFPSタイトルは、グラフィックさえ落とせばよかったのです。モニターを買うまでは。

そうです。240hzモニターの導入です。
元々私は60hzモニターでプレイしていたため、fpsは60さえ出ればよかったのですが、これを買ったことにより、144fpsや240fpsを出して遊びたいと思うようになりました(今のところ平均120~200fps。寿命なのか、安定はしていません)。

と言うわけで、現行機にパーツを継ぎ足していく形で、新PCを組んでみたいと思います。メンバーの卒業新入を繰り返して元のメンバーがいなくなったアイドルグループのようなものです。

今価格が高騰しているGPUは最後に回して、まずは現行機をそのまま入れられるケースでも買おうかしら。フルタワーのでかくて光るPC、組んでみたいと思っているのですよね。

【悲報】キーマウの特権、殆どバグだった

5chまとめブログのようなタイトルです。

このAPEXを最も活発化させていたであろうエイムアシスト論争に一石が投じられました。なんと、キーマウの利点として挙げられていた、デスボを動きながら漁ることはバグとのこと。

これは、APEX開発者がCloud9のAPEXコーチであるPVPXの意見に対する運営の回答です。このリンクの中に、この一節があります。

Allow controller players to move while looting:

This may come as a surprise to some, but moving while looting is a bug. Is it a bug we’ll ever fix? No. If I were to rewind to early Apex development, I suspect I’d agree with the design decision of stationary looting. Soon after Apex released though, I saw an efficient looting meta-game emerge pretty quickly (this was before joining Respawn, and as a player I thought, “Huh, I bet they never thought this whole shield swapping mechanic would end up being such an integral part of combat!”).

PVPXは、コントローラーはキャラコンや移動しながらの漁りを追加する代わりにエイムアシストを弱くするべきだと言っていたのですが、なんとこれを見るに、APEXにおいてキーマウがデスボックス中に漁ることはバグだったとのこと。This may come as a surprise to some(これはいくつかの人にとって驚かれるでしょうが)とは言っているのですが、それでも衝撃過ぎる。

APEXにおいてリリース時からある、3年も放置されていたにもかかわらず何もアナウンスが無いため仕様だと思われていたことがバグであったことが判明しました。

これにより、タップストレイフと合わせて、キーマウの特権として語られていたことのほとんどがバグ若しくは想定していないムーヴと言うことになります。これから毎日デスボ漁りながら動いているやつをバグ利用で通報しようぜ!

 

最強デバイス置いておきますね